ベランダにいる鳩の効果的な対策方法|動物による被害を回避

メンズ

安全で確実な駆除

女性作業員

再度巣が作られることも

ハチ駆除は、個人が自力でおこなうことも可能ですが、駆除業者に依頼すれば、安全ですし確実です。というのも個人でのハチ駆除の場合、途中で刺される危険性があるのです。さらにハチの巣を撤去できたとしても、周辺に逃げていたハチが戻ってきて、再び巣を作ることもあります。特にアシナガバチなどは、一度巣を作った場所をしっかりと記憶しています。そのためハチ駆除の際に1匹でも逃してしまうと、それによる巣作りがおこなわれる可能性が高いのです。しかし駆除業者に任せれば、刺される心配はありませんし、ハチは巣ごと残さず退治されます。仮に逃げたハチがいて、巣が再び作られたとしても、駆除業者によるハチ駆除には保証期間がある場合がほとんどです。その期間内に作られた巣は、無料で撤去してもらえるのです。

駆除が必要となる時期

ハチ駆除は、住宅にハチの巣が作られた場合に依頼されることが多いです。そして住宅によく巣を作るのは、アシナガバチです。したがってハチ駆除の中では、アシナガバチの退治には特に高い需要があります。また、スズメバチの退治を依頼する人も多くいます。スズメバチは、アシナガバチほどは住宅での巣作りをおこなわないのですが、興奮しやすい上に強い毒を持っています。そのため、住宅ではなくその付近で巣を発見した場合でも、安全のために早急に退治する必要があるのです。いずれのハチも、活動期は春から夏となっています。秋以降はあまり活動しなくなりますし、冬になれば女王バチ以外は、寒さによって自然に死滅します。そのためハチ駆除が必要となるのは、主に活動期となります。逆にそれ以外の時期にハチの巣を見かけたとしても、死滅した後の、いわば空き家となっていることが多いのです。